ITパスポート 平成22年春期 問27

問27

ロングテールの考え方を活用したインターネットにおけるビジネスの説明として,適切なものはどれか。
  • Webサイト上で個人が出品した物品を参加者が入札し,購入する。
  • インターネット上に複数の仮想商店からなる Webサイトを構築し,出店料を徴収する。
  • 販売数が少ない商品でもWebサイトで売り続けることができる。
  • 誘導実績に応じた報酬を支払うことを条件に,ほかのWebサイトにリンクを掲載し,自社商品の購入Webサイトへの顧客誘導を図る。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » e-ビジネス

正解

解説

ロングテールは、「一般の販売店であまり売れない商品が、ネット店舗での欠かせない収益源になる」とする考え方です。「売れ筋ではないが買う人がいる多数のニッチ商品の売り上げを積み重ねることによって、売れ筋商品の売り上げを超えることができる」というオンライン販売という売り場面積を考慮しなくてもいい市場で生まれたビジネスモデル。オンライン販売のAmazonが有名。
  • ネットオークションの説明です。(Yahoo!オークションなど)
  • バーチャルモールの説明です。(楽天など)
  • 正しい説明です。
  • アフィリエイトの説明です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop