ITパスポート 平成22年春期 問33

問33

ある開発プロジェクトでソフトウェア結合テストを終了し,システムの機能を確認するシステムテストを行っている。このシステムテストで,あるプログラムに不良が多発しているとの報告があった。プロジェクトマネージャが最初に行うべきこととして,最も適切なものはどれか。
  • システムテストを中断し,ソフトウェア結合テストからやり直す。
  • テストの進捗に遅れが出ないようにするために,問題のあるプログラムのテスト要員を増やす。
  • 問題のあるプログラムの品質を再評価し,システムテストへの影響を把握する。
  • 問題のあるプログラムをテスト対象から外し,プログラムを再作成する。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

プロジェクトマネージャの役割は、プロジェクトに関わるリスクを管理し、決められた期限までに目標を達成することです。

プロジェクトの途中で問題が発生した場合には、その影響が最小限となるようにコントロールする行動が求められます。
具体的には変更管理のプロセスは以下の手順で進みます。
  1. 問題によって想定されるリスクやスコープへの影響を審議する
  2. スケジュールやスコープ範囲に追加や変更が必要であれば、工数(コスト)・品質・納期などへの影響を洗い出す
  3. 追加や変更に関わる作業をスケジュールに追加する
プロジェクトマネージャが最初に行うべき作業は、是正策の実施ではなくプロジェクトへの影響を考慮することなので、正解は「ウ」です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop