ITパスポート 平成22年春期 問78

問78

電車の定期券などとして利用される非接触型ICカードに用いられている技術はどれか。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » 入出力デバイス

正解

解説

RFID(Radio Frequency IDentification)は、ID情報を埋め込んだRFタグ(ICタグ)から電磁界や電波を用い通信可能距離は数cm〜数mで無線通信をし情報をやりとりする技術です。

非接触型ICカードもRFIDを同様の技術がつかわれていて、現在使われているものには、乗車カード(Suica, PASMOなど)や電子マネー(Edyなど)などがあります。
  • IrDAは、赤外線を使って無線通信をする技術で通信可能範囲は30cm〜1m程度と狭いです。携帯電話の赤外線通信機能で使われています。
  • 正しい。
  • バーコードは、縞模様によって数値や文字を表わす識別子です。光学読み取り装置(OMRなど)を利用してディジタルデータに変換します。
  • 無線LANは、無線通信を利用してデータ送受信を行うLANシステムのことです。LANシステムを構成する装置が必要でICカードには使われません。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop