ITパスポート 平成23年秋期 問10

問10

自社の保有する特許の活用方法のーつとしてクロスライセンスがある。クロスライセンスにおける特許の実施権に関する説明として,適切なものはどれか。
  • 許諾した相手に,特許の独占的な実施権を与える。
  • 特許の実施権を許諾された相手が更に第三者に実施許諾を与える。
  • 特許を有する2社の間で,互いの有する特許の実施権を許諾し合う。
  • 複数の企業が,有する特許を1か所に集中管理し,そこから特許を有しない企業も含めて参加する企業に実施権を与える。

分類

ストラテジ系 » 法務 » 知的財産権

正解

解説

クロスライセンスとは、2つまたは複数の企業等が、自らの持つ特許権の知的財産権の行使を互いに許諾することです。
契約を結ぶ企業のそれぞれが自らの保有する特許権を利用して、他企業が保有する特許権を使用料を支払わずに使用することができるほか、開発を推進させ技術の向上を図ることができるメリットがあります。
  • 独占的な実施権を与えるわけではありません。
  • 契約当事者以外の第三者への実施許諾を行うことはできません。
  • 正しい。
  • お互いの保有する特許の実施権を許諾し合うのがクロスライセンスです。特許を有しない企業には実施権は与えません。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop