ITパスポート 平成23年秋期 問17

問17

ある情報システムの構築において,ビジネスプロセス上の独立した業務機能という視点で部品化して情報システムを構築しておく。そして,将来の変更や他の情報システムの開発に,それらの部品を容易に利用できる仕組みを作り上げたい。この方法に適合する考え方として,適切なものはどれか。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » ソリューションビジネス

正解

解説

SOA(Service Oriented Architecture)は、ソフトウェアで実現されている機能や部品を独立したサービスとし、それらを組み合わせ連携させることでシステムを構築するという設計手法です。再利用可能なサービスとしてソフトウェアコンポーネントを構築し、そのサービスを活用することで高い生産性を実現できるアーキテクチャです。
  • Application Service Providerの略。主に業務用のアプリケーションをインターネットを通じて顧客にレンタルするサービス形態又はその事業者のことです。
  • Data Oriented Approachの略。データ中心アプローチのことで、対象業務のモデル化を行うときに、データが最も安定した情報資源であることに着目し、データ側からシステムの設計を行う手法です。
  • Internet Services Providerの略。顧客である企業や家庭のコンピュータをインターネットに接続するインターネット接続業者のことです。
  • 正しい。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop