ITパスポート 平成23年秋期 問26

問26

ある商店で販売している商品Aの1週間の売上個数の分布は表のとおりである。商品Aの発注から納入までのリードタイムが1週間のとき,品切れになる確率を10%未満にするため,発注時に最低限必要な在庫は幾つか。
26.gif/image-size:483×46

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

1週間の売上個数の分布を個数が少ないほうから足し合わせていくと、92個までの分布の合計が、

 1+5+11+20+26+20+11=94

となり、90%を超え、発注してから納入までの1週間に94%の確率で92個以下の売上個数となるとわかります。したがって発注時に最低92個の在庫があれば、品切れになる確率を10%未満に抑えることが可能です。

ちなみに91個までの場合は、

  1+5+11+20+26+20=83

83%の確率で91個以下の売上個数となります。この場合は品切れになる確率が17%であるので10%未満の条件を満たしません。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop