ITパスポート 平成23年秋期 問36

問36

内部統制に関する記述a〜cのうち,適切なものだけを全て挙げたものはどれか。
  1. 経営者は内部統制の整備と運用の責任をもっている。
  2. 内部統制の運用については,組織の全員が自らの業務との関連において一定の役割を担っている。
  3. 費用対効果にかかわらず,内部統制は整備すべきである。

分類

マネジメント系 » システム監査 » 内部統制

正解

解説

内部統制(ないぶとうせい)は、企業の健全な経営を実現するために、その組織の内部において適用されるルールや業務プロセスを整備し運用すること、またはその結果確立されたシステムを指します。
  1. 正しい。経営者や取締役には「適正な会社経営のために、取締役は内部統制整備の義務がある」という旨の司法判断が示された事例があります。
  2. 正しい。内部統制においては「経営者のリーダーシップの下に、全構成員が自らの持つ役割に応じた管理責任を果たす」ことが重要です。
  3. 誤り。内部統制の整備と運用を行うのは経営者の義務ですが、営利活動を行っている以上すべての項目にコストをかけている訳にはいきません。費用対効果を考えた経営判断を行うことが必要になります。
    日本版SOX法によって法令化されているのも必要最低限のルールです。
正しいのはa,bなので正解は「ア」になります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop