ITパスポート 平成23年秋期 問38

問38

財務システムの機能追加プロジェクトのプロジェクトマネージャに任命されたA さんは,プロジェクトのリスクチェックリストを作成するために,過去のプロジェクトで使用したリスクチェックリストを手に入れた。リスクチェックリストに関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 過去のリスクチェックリストは過去の情報や知識を基に作成されたものなので,新たに作成するリスクチェックリストの参考にする。
  • 過去のリスクチェックリストは過去の情報や知識を基に作成されたものなので,これに載っていないリスクの検討は不要と判断する。
  • プロジェクトごとにばらつきが出ないように,過去のリスクチェックリストをそのまま使用する。
  • プロジェクトごとにリスクは変化するので,過去のリスクチェックリストに載っていないリスクだけで新たにリスクチェックリストを作成する。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

  • 正しい。過去のプロジェクトでの経験を現在のプロジェクトに生かすことによって、信頼性の高いチェックリストを作成することが可能です。
  • 現在のプロジェクトの固有リスクのチェックができません。各プロジェクト固有のリスクが存在するため、現在のプロジェクト内容に沿ったチェック項目の追加が必要になります。
  • 現在のプロジェクトの固有リスクのチェックができません。プロジェクトごとに実施内容が異なるので、過去のプロジェクトをそのまま使用することは適切ではありません。
  • 過去と同じリスクを抱えていた場合のチェックができません。過去のチェックリストに載っている部分のうち、現在のプロジェクトでも必要と思われる項目を再利用して作成します。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop