ITパスポート 平成23年秋期 問59

問59

迷惑メールを受信したときに避けるべき行動はどれか。
  • 電子メールの経路情報などから送信元プロバイダが判明したときに,迷惑メールが送られてくることを,そのプロバイダに通報する。
  • 発信者に対して苦情を申し立てるために,迷惑メールに返信する。
  • 迷惑メールは開かずに削除する。
  • メールソフトの迷惑メールフィルタを設定し,以後,同一発信者からの電子メールを迷惑メールフォルダに振り分ける。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク応用

正解

解説

  • 送信元プロバイダも迷惑メール送信者が会員に存在することを好みません。迷惑メール送信者への警告などを相談することも可能だと思います。
  • 避けるべき行動です。返信をすることで様々な情報が搾取され、さらに迷惑メールが増えたり、より大きな被害を引き起こす可能性があります。絶対に返信しないでください。
  • 迷惑メールの対処法で最も大事なのは迷惑メールを開封しないことです。
  • 特定の発信者からの迷惑メールの被害を減らすことができます。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop