ITパスポート 平成23年秋期 問63

問63

複数の利用者が同一データベースに同時にアクセスする処理のうち,データの整合性を保つための対策が不要な処理はどれか。
  • オークションの入札処理
  • オンラインショッピングの申込み処理
  • 図書情報の検索処理
  • 列車座席の予約処理

分類

テクノロジ系 » データベース » トランザクション処理

正解

解説

データの整合性とは、データ同士に矛盾がなく正確で、データベースの関係構造が保たれている度合いを表します。複数のユーザが同時に同じデータを更新する可能性のあるシステムでは、排他制御によって更新消失やデータの不整合が発生しないように制御を行います。
  • 入札額の整合性が保たれないため対策が必要になります。同じ商品に同時に入札した場合、金額にかかわらず先に行われた入札を後の入札データで上書きしてしまう可能性があります
  • 在庫数の整合性が保たれないため対策が必要になります。例えば、在庫が残り1つの商品に同時注文が行われたときに、両方を受注してしまう問題などが発生する可能性があります。
  • 正しい。検索処理はデータベースの更新は行わなずデータの参照のみを行うので、データの整合性について問題は発生しません。
  • 同じ座席に同時に予約処理を行った場合に、処理が競合してしまうため対策が必要になります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop