ITパスポート 平成23年秋期 問69

問69

セルB2〜D100に学生の成績が科目ごとに入力されている。セルB102〜D105に成績ごとの学生数を科目別に表示したい。セルB102に計算式を入力し,それをセルB102〜D105に複写する。セルB102に入力する計算式はどれか。
69.gif/image-size:433×284
  • 条件付個数($B2〜$B100,=$A102)
  • 条件付個数($B2〜$B100,=A$102)
  • 条件付個数(B$2〜B$100,=$A102)
  • 条件付個数(B$2〜B$100,=A$102)

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » 開発ツール

正解

解説

B102〜D105の各セルに表示したいデータをまとまると下図のようになります。
69a.gif/image-size:460×151
ここでセルB102の式が複写されるセルD105に入る適切な式を考えてみると、

 D2〜D100の不可の数=条件付個数(D2〜D100,=A105)

であることになります。セルB102に入力される絶対参照指定($)のない計算式「条件付個数(B2〜B100,=A102)」と先ほどの「条件付個数(D2〜D100,=A105)」と比較してみると、範囲を指定する部分の行番号(2〜100)、および集計する成績を指定する部分の列番号(A)が固定になっていることがわかります。つまりこの部分を絶対参照にすることになります。

 条件付個数(B2〜B100,=A102)
 条件付個数(D2〜D100,=A105)

したがってセルD105に適切に複写するためにはセルB102に、計算式「条件付個数(B$2〜B$100,=$A102) 」を入力します。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop