ITパスポート 平成23年特別 問11

問11

製造業のA社では,製品の組立てに必要な部品を購買している。A社では,自社の収入金額全体に占める割合が大きい部品を,重点的に在庫管理を行う対象として選びたい。このとき利用する図表として,適切なものはどれか。
  • ガントチャート
  • 管理図
  • 特性要因図
  • パレート図

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

パレート図は、値の大きい順に分析対象の項目を並べた棒グラフと、累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフで、主に複数の分析対象の中から、重要である要素を明らかにするために用いられます。

パレート図を用いた分析手法であるABC分析では、頻度の高いものから、Aグループ、Bグループ、Cグループのようなグループ分けをすることにより、資源の配分を適切に管理することができます。
  • 予定と実績を2本の横棒で表した図です。進捗状況を視覚的に把握することができるのでスケジュール管理などに用いられます。
  • 品質や製造工程が安定な状況で管理されている状態にあることを判断するために使用するグラフのことです。
  • 結果と原因の関係を系統的に線で結んで(魚の骨のように)表した図です。その形状からフィッシュボーンチャートとも呼ばれます。
  • 正しい。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop