ITパスポート 平成23年特別 問15

問15

気温と売上高の関係が負の相関となっているものはどれか。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

散布図をみて、プロットされた標本点が右肩上がりに線形になってれば正の相関,右肩下がりになっていれば負の相関があるとわかります。

負の相関といっても、正に比べて関連性が弱いわけではありません。正負の方向は相関の強さには関係なく、ただ点の集まる方向が違うだけです。

4つの散布図の中で、負の相関性が認められるのは「イ」の散布図です。気温と売上高の間には、気温が下がるほど売上が伸び、逆に気温が上がるほど売上が下がるという関連性があることがわかります。
具体的な商品でいえば、「おでん」や「暖房器具」などは、このような関連性になるはずです。
  • 正の相関がある散布図です。気温が高くなるほど、売上も多くなる傾向を持っています。
    「ビール」や「扇風機」などは、こちらの関連性になります。
  • 正しい。負の相関を表す散布図です。
  • 無相関を表す散布図です。(関連性がない)
  • 無相関を表す散布図です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop