ITパスポート 平成23年特別 問22

問22

新規システムの開発に当たって,初期投資額は2,400万円,稼働後の効果額は100万円/月,システム運用費は20万円/月,年間のシステム保守費は初期投資額の15%のとき,投資額を回収するための回収期間は何年か。ここで,金利コストなどは考慮しないものとする。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

新規システムが稼働したときの効果額の累計が、初期投資額+運用費+保守費の累計を上回る期間を計算によって求めます。

まず計算しやすくするために各金額を年単位に換算します。

[効果額]
100万円/月なので1年では1,200万円の効果です。

[システム運用費]
20万円/月なので1年では240万円の費用です。

[システム保守費]
年間に初期投資額の15%がかかるので、2,400×0.15 =360万円の費用です。

ちょうど効果額の累計と、費用の累計が一致する回収期間(年)を文字yとして方程式にすると、
 2400+240y+360y=1200y
 600y=2400
 y=4

となり投資額の回収期間は4年であることがわかります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop