ITパスポート 平成23年特別 問28

問28

現行の業務プロセスを,業務で扱うデータの流れや機能でとらえる手法はどれか。
  • DFD
  • E-R図
  • データマイニング
  • データモデリング

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

DFD(Data Flow Diagram)は、構造化分析手法の一つでデータの流れに着目して、その対象となる業務のデータの流れと処理の関係をわかりやすく図式化する手法です。
28.gif/image-size:397×250
  • 正しい。
  • E-R図は、データベース化の対象となる実体(エンティティ)と実体の持つ属性(アトリビュート)、実体間の関連(リレーションシップ)を表現する図です。
  • データマイニングは、データウェアハウスに蓄積されている大量の生データから、今まで知られていなかったデータの規則や因果関係を見つけ出す手法です。
  • データモデリングは、情報システム構築のために、E-R図やUMLを用いてデータを構造化・組織化して表現することです。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop