ITパスポート 平成23年特別 問29

問29

インターネット広告の一つであるバナー広告を説明しているものはどれか。
  • Webサイトを閲覧している際に,自動的に新しい別のウインドウが開いて広告主の広告が表示される。
  • Webページから別のページをアクセスする際に,広告用のページがいったん表示され,その後にアクセスしたページが表示される。
  • Webページの一部に表示された広告用の画像をクリックすると,広告主が用意したページが表示される。
  • 検索サイトでキーワードを入力して表示された検索結果のページに,入力したキーワードに関連する広告が表示される。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » e-ビジネス

正解

解説

テレビや新聞などへの広告費が減少している中、インターネット広告市場は成長を続けています。理由としてはインターネットの普及が一番にあるでしょうが、インターネット広告では従来型の広告とは異なり、「キーワードや地域またはWebサイト単位など、広告を配信する対象を細かく設定できる」という特徴を持っていることも成長要因の一つと考えられています。

バナーとは、Webページ上で他のWebサイトを紹介する役割を持つ画像のことを指します。主に広告・宣伝用に作られ、画像にはリンクを張り、興味ある閲覧者がクリックするとそのバナーが紹介するサイトを表示するようになっています。
  • ポップアップ広告の説明です。
    無料レンタルサーバを使用したWebサイトで見かけることがありますが、毎回同じポップアップが表示され、わずらわしい一面もあるので、最近のWebブラウザではこの手の広告をブロックする機能が備わっています。
  • インタースティシャル広告と呼ばれる広告です。
  • 正しい。このサイトに表示されているものもバナー広告です。
  • 検索結果のページに表示される広告は、検索連動型広告(リスティング広告)と呼ばれているものです。テキスト形式の広告であるため、検索結果のテキストと同化させて表示させることで、広告のクリックに対する抵抗感を緩和し、興味あるユーザをWebサイトへ誘導することができます。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop