ITパスポート 平成23年特別 問38

問38

経理部では新たな財務会計パッケージを使用することになり,このパッケージを搭載した新サーバがベンダから納品された。サーバの運用管理は情報システム部が行うことになった。利用者部門である経理部と,運用部門である情報システム部の間で,サービスレベルの観点で合意すべき事項に関する記述a〜dのうち,適切なものだけをすべて挙げたものはどれか。
  1. 財務会計パッケージを利用可能な時間帯
  2. 新サーバ購入費用の情報システム部との負担割合
  3. 新サーバをベンダから受け入れる際のテスト項目
  4. データのバックアップの取得範囲と頻度

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスマネジメント

正解

解説

サービスレベルとは、利用者に提供されるサービスの品質のことです。サービスが開始されるに当たり、提供されるサービス品目と水準,水準が達成できなかった時のペナルティなどを盛り込んだを合意文書を作成することで、運用後の部門間トラブルの発生を低減することができます。
  1. サービス品目なので適切です。
  2. 購入費用の負担割合は、利用側に提供されるサービスに関することではないので誤りです。
  3. 受入れ時のテスト項目は、利用側に提供されるサービスに関することではないので誤りです。
  4. サービス品目なので適切です。
したがって正しいのは、a,d になります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop