ITパスポート 平成23年特別 問50

問50

システム開発の結合テスト段階において,開発済の機能に追加や修正が必要となり,データベースの構成も変更することになった。プロジェクトマネージャの対応に関する記述a〜dのうち,適切なものだけをすべて挙げたものはどれか。
  1. WBSを改定しプロジェクトスケジュールを見直す。
  2. 追加又は変更に要するコストを見積もる。
  3. データベースの構成変更に伴うリスクを洗い出す。
  4. 当初予定していた結合テストを完了させてから変更を行う。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

プロジェクトマネージャは、プロジェクト変更要求に対して以下の順序で対応を行います。
  1. 変更によって想定されるリスクやスコープへの影響を審議する
  2. スケジュールやスコープ範囲に追加や変更が必要であれば、工数(コスト)・品質・納期などへの影響を洗い出す
  3. 追加や変更に関わる作業をスケジュールに追加する
それぞれ aが2,bが1、cが3の作業になります。dは、変更の影響を考慮しないまま結合テストを実施しているので不適切な対応です。

よって適切な対応の組合せは「a,b,c 」です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop