ITパスポート 平成24年秋期 問12

問12

CAMの導入効果として適切なものはどれか。
  • コンピュータを利用して工作機械を制御することで,製造作業の精度や効率を高める。
  • コンピュータを利用して生産に必要な部品の時期と量を計算することで,発注の効率を高める。
  • コンピュータを利用して設計中の製品の性能について条件を変えながらシミュレー卜することで,開発の効率を高める。
  • コンピュータを利用して立体的な形状を見ながら設計することで,設計作業の品質や効率を高める。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » エンジニアリングシステム

正解

解説

CAM(Computer Aided Manufacturing)は、コンピュータ支援製造とも呼ばれ、工場などの生産ラインをコンピュータを利用して制御するシステムのことです。
CADで作成された設計データをCAMに取り込み、CAMから工作機械に製造情報を送ることで生産ラインの制御が行われる仕組みを「CAD/CAMシステム」といいます。
  • 正しい。
  • MRP(Materials Requirements Planning)の導入効果です。
  • CAD(Computer Aided Design)の導入効果です。
  • 3次元CADの導入効果です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop