ITパスポート 平成24年秋期 問30

問30

e-TAXなど行政への電子申請の際に,本人証明のために公的個人認証サービスを利用することができる。このサービスを利用する際に使用できるものはどれか。
  • 印鑑登録カード
  • クレジットカード
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » ビジネスシステム

正解

解説

住民基本台帳カードは、住民票に記載された氏名及び住民票コード等が記録されたICカードで、写真付きのものは身分証明書としても利用することができます。

カードを利用することで、住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)を連動した転入出手続きのの簡素化やインターネット経由での電子申請に使う電子証明書の格納が可能となります。
問題文にあるe-TAXとは、国税庁が開発・運営するインターネットを通じて確定申告や納税、申請や届け出などができるシステムで、e-TAXを使用して確定申告を行う場合には電子証明書が必要になります。電子証明書の発行に公的個人認証サービスを利用する場合は、住基カードを入手後、市区町村の窓口へ電子証明書発行申請書等を提出する必要があります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop