ITパスポート 平成24年秋期 問34

問34

ITガバナンスを説明したものはどれか。
  • 企業の社員個人の保有する知識を蓄積し,それを社内で共有することによって,社員のスキルや創造力を高めて企業競争力の強化を図る。
  • 個々のIT投資の正当性の評価をするのではなく,経営戦略とIT戦略との整合性や投資効果,組織の在り方などの評価のフレームワークを適用する。
  • 財務,顧客,内部業務プロセス,学習の四つの視点を用いて戦略に適合した個別の実施項目,数値目標などを設定してモニタリングすることで企業変革を推進する。
  • 複数の企業で共通的に存在する業務を,企業から切り離して集中・統合して独立させ,それぞれの企業で共有してサービス提供を受けることで経営の効率化を目指す。

分類

マネジメント系 » システム監査 » 内部統制

正解

解説

ITガバナンスは、企業が競争優位性を構築するために,IT戦略の策定・実行をガイドし,あるべき方向へ導く組織能力であり、ITへの投資・効果・リスクを継続的に最適化する為の組織的な仕組みです。
経済産業省のIT経営ポータル内では「企業が、ITに関する企画・導入・運営および活用を行うにあたって、すべての活動、成果および関係者を適正に統制し、目指すべき姿へと導くための仕組みを組織に組み込むこと、または、組み込まれた状態」と定義し、ITを活用することで組織力の統制力・統率力の向上が期待できるとしています。
  • ナレッジマネジメントの説明です。
  • 正しい。ITガバナンスの説明です。
  • バランススコアカードの説明です。
  • シェアードサービスの説明です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop