ITパスポート 平成24年秋期 問40

問40

コンピュータシステムが稼働しているサーバ室への侵入リスクを低減するために,コンピュータの設置場所を示す標識を出さないことにした。この対策が当てはまるマネジメン卜はどれか。
  • サプライチェーンマネジメント
  • ナレッジマネジメント
  • ビジネスコンティニュイティマネジメン卜
  • ファシリティマネジメン卜

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » ファシリティマネジメント

正解

解説

ファシリティマネジメン卜(Facility Management)は、社会の変化と新しい企業環境に対応して、経営的視点に立って建築等の施設・設備類を有効・適切に計画・整備・運営・管理する取組みです。
情報システムへの被害は企業の基幹業務に影響することになりかねないので、人的脅威はもちろん、自然災害や事故に対しても適切な対策を行うことが重要であると考えられています。
  • サプライチェーンマネジメントは、生産・在庫・購買・販売・物流などすべての情報をリアルタイムに交換することによってサプライチェーン全体の効率を大幅に向上させ、在庫削減などの効果を得る手法です。
  • ナレッジマネジメントは、企業が保持している情報・知識、個人が持っているノウハウや経験などの知的資産を共有して、創造的な仕事につなげていく一連の経営活動です。
  • ビジネスコンティニュイティマネジメン卜(事業継続マネジメント)は、企業がリスク発生時にいかに事業の継続を図り、取引先に対するサービスの提供の欠落を最小限にするかを目的とする経営手段です。
  • 正しい。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop