ITパスポート 平成24年秋期 問41

問41

新しい製品を開発する場合に検討するリスク軽減策に関する記述a〜cのうち,品質面のリスクを軽減させるものとして適切なものだけを全て挙げたものはどれか。
  1. 安定した技術を使った製品を開発する。
  2. 開発が遅れた場合の保険を掛ける。
  3. 試作品を作成する。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

リスクへの対応策には「リスク軽減」を含めて次のような手法があります。
リスク軽減
リスクの顕在化する可能性を下げたり、損失を小さくするなどリスクの脅威を減少させること。
リスク回避
リスクの根本原因を排除することでリスクの顕在化する可能性をなくしてしまうこと。
リスク移転
リスクを他社などに移すこと。リスクが顕在化したときに備えて保険をかけたり、リスクのある業務そのものを外部委託してしまう方策などがこれに該当する。
リスク保有
そのリスクのもつ影響力が小さいため、特にリスクを低減するためのセキュリティ対策を行わず、許容範囲内として受容すること。
a〜cをそれぞれの対応策に当てはめて考えると、
  1. 安定した技術を使うことで製品に技術的不具合が生じる可能性を下げることができます。したがって「リスク軽減」に該当します。
  2. リスクが顕在化した場合に備えて保険をかけているので「リスク移転」に該当します。
  3. 試作品を作成することで製品の機能や使い勝手などを確認でき、問題点や改善要望などを早い段階で取り入れることが可能になります。これによって不具合が後工程に残ったままになってしまう可能性を下げることができるので「リスク軽減」に該当します。
リスク軽減に該当するのはa,cなので、正解は「イ」になります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop