ITパスポート 平成24年秋期 問53

問53

関係データベースの設計で用いられるE-R図が表現するものは何か。
  • 時間や行動などに応じて変化する状態の動き
  • システムの入力データ,処理,出力データの関係
  • 対象世界を構成する実体(人,物,場所,事象など)と実体間の関連
  • データの流れに着目したときの,業務プロセスの動き

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

E-R図(Entity-Relationship Model)は、データベース化の対象となる実体(エンティティ)と実体の持つ属性(アトリビュート)、および実体間の関連(リレーションシップ)を表現する図です。
任意のオブジェクトをその関連をデータモデル化することができますが、特に関係データベースの設計によく利用されます。
53.gif/image-size:383×151
  • 状態遷移図が表現するものです。
  • 流れ図(フローチャート)が表現するものです。
  • 正しい。E-R図が表現するものです。
  • DFD(Data Flow Diagram)が表現するものです。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop