ITパスポート 平成24年秋期 問56

問56

AさんがBさんに暗号化メールを送信したい。S/MIME(Secure/Multipurpose Internet Mail Extensions)を利用して暗号化したメールを送信する場合の条件のうち,適切なものはどれか。
  • Aさん,Bさんともに,あらかじめ,自身の公開鍵証明書の発行を受けておく必要がある。
  • Aさん,Bさんともに,同一のISP(Internet Service Provider)に属している必要がある。
  • Aさんが属しているISPがS/MIMEに対応している必要がある。
  • Bさんはあらかじめ,自身の公開鍵証明書の発行を受けておく必要があるが,Aさんはその必要はない。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策・実装技術

正解

解説

電子メールの送受信にはSMTPPOPが使用されますが、これらのプロトコルは暗号化の機能を持たずメッセージを平文でやり取りします。
S/MIMEは、盗聴や改ざんなどから電子メールを守るために米国RSA Data Security社によって開発された技術で、暗号技術を使用して「認証」「改ざん検出」「暗号化」などの機能を電子メールソフトに提供するものです。
ただしS/MIMEを使用するにあたり、公開鍵の持ち主側が組織内CA(認証局)やパブリックCAなどから鍵と証明書を入手しておく必要があります。
  • AさんがBさんにメールを送信するときは、
    • AさんがBさんの公開鍵でメールを暗号化する
    • AさんがBさんに暗号化メールを送信する
    • BさんはAさんから受信した暗号化メールをBさん自身の秘密鍵で復号する
    という流れになります。この手順において使用される公開鍵はBさんのものだけなので、公開鍵証明書を入手するのはBさんだけでよいことになります。
  • 同一のISPでなくても構いませんが、Aさん,Bさんともに、S/MIMEに対応したメールソフトを使用する必要はあります。
  • ISPのS/MIMEへの対応は関係ありません。
  • 正しい。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop