ITパスポート 平成24年秋期 問58

問58

媒体@〜Dのうち,不揮発性の記憶媒体だけを全て挙げたものはどれか。
  1. DRAM
  2. DVD
  3. SRAM
  4. 磁気ディスク
  5. フラッシュメモリ

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

不揮発性とは、電源の供給が途絶えても保存してある記憶内容が消えない特性を示します。
それぞれの記憶装置の特徴は次の通りです。
DRAM
Dynamic RAMの略。コンデンサに電荷を蓄えることにより情報を記憶し、電源供給が無くなると記憶情報も失われる揮発性メモリ。集積度を上げることが比較的簡単にできるためコンピュータの主記憶装置のメモリとして使用されている。
DVD
ディジタルデータの記録媒体である光ディスク。単なるデータ保存用のほか長時間映像などの記録にもよく使われる。
SRAM
Static RAMの略。フリップフロップと呼ばれる回路を用いることで、DRAMのようなリフレッシュ動作の必要がない非常に高速に動作する半導体メモリ。DRAMと比べて記憶容量あたりの単価が高いため、容量が少ないキャッシュメモリなどに使用されている。DRAMと同様に電源供給が無くなると記憶情報も失われる揮発性メモリ。
磁気ディスク
表面に磁性体を塗布した円盤状の媒体を回転させ、その円盤の表面にデータを記録する媒体のこと。磁気ディスクを用いた外部記憶装置としてハードディスク装置や、フロッピーディスクなどがある。
フラッシュメモリ
書き換え可能であり、電源を切ってもデータが消えない半導体メモリ。USBメモリやSDカードなどが携帯電話、デジタルカメラ、ディジタルオーディオプレーヤーなどの記憶媒体として広く普及していて、小型で大容量・安価なことから以前のフロッピーディスクにかわるデバイスとして、手軽なデータの持ち運びにも使われている。
DVDやフラッシュメモリはコンピュータから取り外しても記憶内容が消えませんし、磁気ディスクを用いたハードディスク装置もコンピュータの電源を切っても記憶内容が消えるわけではありません。

したがって不揮発性の記憶媒体はA,C,D になります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop