ITパスポート 平成24年秋期 問63

問63

図に示す階層構造で,複数個の同名のディレクトリA,Bが配置されており,ユーザIDごとにログインしたときのカレントディレクトリが異なる。U0002がログインした直後に,矢印が示すディレクトリBに存在するファイルfを指定するものはどれか。ここで,ファイルの指定方法とユーザID別のカレントディレクトリは次のとおりである。

〔ファイルの指定方法〕
  • "ディレクトリ名¥ … ¥ディレクトリ名¥ファイル名"のように,経路上のディレクトリを順に"¥"で区切って並べた後に"¥"とファイル名を指定する。
  • カレントディレクトリは"."で表す。
  • 1階層上のディレクトリは".."で表す。
  • 始まりが"¥"のときは,左端のルートディレクトリが省略されているものとする。
63
  • .¥B¥f
  • ..¥B¥f
  • ..¥..¥B¥f
  • ..¥..¥..¥B¥f

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » ファイルシステム

正解

解説

まず"U0002"がログインしたときのカレントディレクトリである"¥A¥B¥A"は、ルートからA→B→Aの順にディレクトリを移動した次に示すディレクトリになります。
63_1.gif/image-size:258×179
このカレントディレクトリからファイルfが存在するディレクトリBはルートディレクトリの配下にあるので、まずカレントディレクトリからルートディレクトリを指定する方法を考えます。カレントディレクトリから見てルートディレクトリは木構造の3階層上にありますので、「..¥..¥..¥」というように1階層上のディレクトリを指定する「..」を3つ使って指定します。
63_2.gif/image-size:258×179
あとはルートディレクトリ配下のディレクトリBに存在するファイルfを指定したいので「..¥..¥..¥」に「B¥f」をつなげた「..¥..¥..¥B¥f」が正解となります。

次の図でカレントディレクトリ"¥A¥B¥A"から見た各ディレクトリの指定方法を確認してみてください。
63_3.gif/image-size:280×179

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop