ITパスポート 平成24年秋期 問67

問67

デッドロックの説明として,適切なものはどれか。
  • コンピュータのプロセスが本来アクセスしてはならない情報に,故意あるいは偶発的にアクセスすることを禁止している状態
  • コンピュータの利用開始時に行う利用者認証において,認証の失敗が一定回数以上になったときに,一定期間又はシステム管理者が解除するまで,当該利用者のアクセスが禁止された状態
  • 複数のプロセスが共通の資源を排他的に利用する場合に,お互いに相手のプ口セスが占有している資源が解放されるのを待っている状態
  • マルチプログラミング環境で,実行可能な状態にあるプロセスが,OSから割り当てられたCPU時間を使い切った状態

分類

テクノロジ系 » データベース » トランザクション処理

正解

解説

デッドロックは、共有資源を使用する2つ以上のプロセスが、互いに相手プロセスが必要とする資源を排他的に使用していて、互いのプロセスが相手が使用している資源の解放を待っている状態のことです。
デッドロックが発生すると両方のプロセスが永遠に待ち状態になり処理の続行ができなくなってしまうため、複数のプロセスで資源の使用順序を同じにする必要があります。
67.gif/image-size:312×159
  • アクセス制御の説明です。
  • ロックアウト状態の説明です。
  • 正しい。デッドロックの説明です。
  • デッドロックとは関係のない記述です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop