ITパスポート 平成24年秋期 問7

問7

取引先に対する売掛金の貸し倒れに備えて,他者よりも優先的に,取引先の財産の一部を売掛金に充当できるようにする行為はどれか。
  • 入金の追加
  • 請求書の発行
  • 担保の設定
  • 利息の増額

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

売掛金の貸し倒れとは、売上金が回収不能のなってしまう状態のことを言います。
貸し倒れを予防するには、売上債権の支払いを確実にするために担保をとっておくことが有効で、具体的には、土地の抵当権や資産の質権の設定などがあります。

売掛金が貸し倒れた場合には、設定してある担保を他の債権者よりも優先的に処分し金銭に換えることで未収となっている売上金を回収することができます。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop