ITパスポート 平成24年秋期 問8

問8

2種類のデータの関係性を表すことを目的として用いるものはどれか。
  • 決定表
  • 散布図
  • 特性要因図
  • パレート図

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

散布図は、縦軸、横軸に2項目の量や大きさ等を対応させデータを点でプロットした図で、2項目間の分布・相関関係を把握するのに使用されます。
08i.gif/image-size:202×149
  • 決定表は、ある事象について条件や選択肢を表に記述し、記述された条件・選択肢をたどるとそのような結果になるかをわかりやすく表現した図です。
    08a.gif/image-size:263×135
  • 正しい。
  • 特性要因図は、特性(結果)とそれに影響を及ぼしたと思われる要因(原因)の関係を体系的に表わした図です。直接的な原因と間接的な原因に分別したり、真の問題点を明確にする効果があります。
    08u.gif/image-size:244×151
  • パレート図は、値の大きい順に分析対象の項目を並べた棒グラフと、累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフで、主に複数の分析対象の中から、重要である要素を識別するために使用されます。
    08e.gif/image-size:200×123
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop