ITパスポート 平成24年春期 問33

問33

システム開発会社A社はB社の販売管理システムの開発を受注した。A社はシステム要件をネットワーク機器などのハードウェアで実現するものと,業務プログラムなどのソフトウェアで実現するものに割り振っている。現在A社はどの工程を実施しているか。
  • システム方式設計
  • システム要件定義
  • ソフトウェア方式設計
  • ソフトウェア要件定義

分類

マネジメント系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

設計工程における4つの工程ではそれぞれ次のような作業を実施します。
システム要件定義
システムに求められる要件を明らかにするために、開発するシステムの具体的な利用方法について分析し、システムの機能や能力、安全性やセキュリティ、システムテストの項目などを決定する。
システム方式設計
定義されたシステム要件をハードウェア、ソフトウェア、手作業で実現する品目に割りふることでシステムをどのような方式で実現するかを決定する。
ソフトウェア要件定義
ソフトウェアの機能・能力、安全性仕様、データ及びデータベース要件、ソフトウェアテストの項目などを決定する。
ソフトウェア方式設計
定義されたソフトウェア要件をコンパイル及びテストを行うソフトウェアユニットのレベルに細分化し、プログラミングができる状態までの設計を行う。また単体,結合テストの項目などを決定する。
つまり現在のA社の工程は「システム方式設計」であるということになります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop