ITパスポート 平成24年春期 問37

問37

X社の社長であるA氏は,新たに構築した自社の情報システムの信頼性や安全性などを確認するために,監査人のM氏にシステム監査を依頼した。監査終了後,M氏のシステム監査報告書の提出先として,適切なものはどれか。
  • X社の監督官庁
  • X社の被監査部門の部門長
  • 監査の依頼者であるA氏
  • 被監査部門と利害関係のない第三者

分類

マネジメント系 » システム監査 » システム監査

正解

解説

システム監査は、情報システムの信頼性・安全性・効率性などの向上のために、客観的な立場であるシステム監査人が総合的に情報システムを評価し、助言・勧告・改善活動のフォローアップまでを行うことです。

監査終了後に監査人が監査結果を踏まえて作成する書類を「監査報告書」といいます。システム監査基準ではX.報告基準の中で「システム監査人は、実施した監査の目的に応じた適切な形式の監査報告書を作成し、遅滞なく監査の依頼者に提出しなければならない。」と規定しているため、提出先は「監査の依頼者であるA氏」が適切となります。

参考URL: システム監査基準
 http://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/downloadfiles/system_kansa.pdf

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop