ITパスポート 平成24年春期 問40

問40

工場は,生産管理システムの開発を自社の情報システム部門に依頼し,情報システム部門は開発プロジェクトを編成した。依頼主である工場と情報システム部門との関わり方のうち,最も適切なものはどれか。
  • 開発作業の負荷を軽減するために,プロジェクト発足時に依頼内容を伝えた後,工場は情報システム部門とのコミュニケーションをとらない。
  • 開発プロジェクトで課題が発生した場合,工場は依頼主の立場で課題解決に積極的に関与する。
  • 仕様変更を情報システム部門へ依頼する際,工場は情報システム部門の開発担当者に直接要望を伝え,その場で対応してもらう。
  • 生産管理システムの開発を行うのは情報システム部門なので,情報システム部門から工場への進捗報告や品質報告は不要である。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

  • 完成したシステムが要件を満たしたものになるため工場側もシステム開発状況を把握し、問題があればシステム部門に意見を言える環境であることが望ましいです。
  • 正しい。
  • 仕様変更に際しては、個人ではなくシステム部門に対して要求を行い、他の部分への影響が出る可能性があるためその場で対応することは避けなければなりません。
  • 「ア」と同様の理由で誤りです。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop