ITパスポート 平成24年春期 問45

問45

プロジェクトの進捗を管理する場合の留意事項として,適切なものはどれか。
  • 進捗遅れの状況は管理者の判断で訂正することができる。
  • 進捗管理の管理項目には,定性的な項目を設定する。
  • 進捗状況を定量的に判断するために,数値化できる項目を選び,目標値を設定する。
  • 進捗を把握しやすくするためには,レーダチャートを用いる。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

「定性的」および「定量的」の2つは対義語でそれぞれ次のような意味をもっています。
定性的
対象がもつ質的な側面に注目すること。
ex.プロジェクトは少し遅れている。
定量的
対象がもつ量(数値)に注目すること。
ex.プロジェクトは2日遅れている。
プロジェクトでは多数の人が進行に関わっているので、定性的な項目に基づく進捗管理では各人の"ずれ"が生じます。このようなことを防止するためにプロジェクトにおける進捗管理は、予定日数と実績,予算コストと実績など数値化できる項目(定量的データ)を基準に行う必要があります。
  • 誰がみても明確な基準で進捗を管理しなくてはなりません。
  • 進捗管理の管理項目には客観的な判断が可能な定量的な項目を設定するべきです。
  • 正しい。
  • 作業の進捗管理にはガントチャートが適しています。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop