ITパスポート 平成24年春期 問48

問48

プロジェクトの立上げ時に考慮すべき事項として,適切なものはどれか。
  • 組織内部における前提条件や制約条件を明確にすることは重要であるが,自身では制御できない外部環境における前提条件や制約条件を明確にすることは意味がないので行わない。
  • プロジェクト立上げ時には今後プロジェクトがどのように進捗していくかを想定することは難しいので,プロジェクトの目的は,どのような成果が出せそうかが見えてきた段階まで待って示す。
  • プロジェクト立上げに当たって,細分化された最小単位の工程ごとに具体的な予算を見積もる必要があり,これができない場合にはプロジェクトを立ち上げることはできない。
  • プロジェクト立上げに当たって,プロジェクトマネージャを任命し責任や権限を明確にしておく。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

  • 立ち上げ時に組織外部の利害関係者を特定しておく必要があります。。
  • プロジェクトの目的はプロジェクトの立ち上げ時に明確にする必要があります。
  • プロジェクトのスコープ定義や作業ごとのコスト見積りは立ち上げ後に実施される作業なので、立ち上げ時には全体としての予算が分かっていれば問題ありません。
  • 正しい。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop