ITパスポート 平成24年春期 問6

問6

プロセス間で受け渡されるデータの流れの視点から,業務やシステムを分析するために用いるモデリング手法はどれか。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

DFD(Data Flow Diagram)は、データの流れに着目して、その対象となる業務のデータの流れと処理の関係をわかりやすく図式化する構造化分析手法です。
「○」処理・プロセス,「□」データの吸収先,「→」データの流れ,「〓」データストアの4つの記号を用いて対象業務のモデル化を行います。
06.gif/image-size:304×135
  • Business Process Reengineeringの略。既存の組織やビジネスルールを抜本的に見直し,職務,業務フロー,管理機構,情報システムを再設計するという考え方です。
  • 正しい。
  • Materials Requirements Planningの略。部品表と生産計画をもとに必要な資材の所要量を求め、これを基準に在庫,発注,納入の管理を支援するシステムです。
  • Work Breakdown Structureの略。プロジェクトにおいて作成される成果物を基準に、全体の作業をトップダウン的に階層化して、各作業ごとに内容・日程・目標を設定することで管理をしやすくする手法です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop