ITパスポート 平成25年秋期 問18

問18

SWOT分析で用いる四つの視点の一つである"脅威"になり得る事例はどれか。
  • 家電メーカA社:技術力の低下によって,新製品開発件数が減少している。
  • 自動車販売会社B社:営業員のモチベーションが以前に比べて下降気味である。
  • ブランドショップC社:ブランド好感度が下がってきている。
  • 輸出企業D社:為替レートが円高基調で推移している。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

SWOT分析は、企業の置かれている経営環境を分析し、今後の戦略立案に活かす手法のひとつです。
「SWOT」は、
  • S・・・Strength(強み)
  • W・・・Weakness(弱み・弱点)
  • O・・・Opportunity(機会)
  • T・・・Threat(脅威)
のように各単語の頭文字をとったもので、この中で強みと弱みは企業の内部要因、機会と脅威は外部環境要因に分類されます。

それぞれの事例を内部環境 or 外部環境です、およびこれらが自社に及ぼす影響を「良い or 悪い」で分類してみると、
  • 技術力の低下は自社の要因なので「内部環境」、影響は「悪い」ので、この事例は「弱み」に分類されます。
  • モチベーションの低下は自社の要因なので「内部環境」、影響は「悪い」ので、この事例は「弱み」に分類されます。
  • 好感度の低下は自社の環境なので「内部環境」、影響は「悪い」ので、この事例は「弱み」に分類されます。
  • 正しい。為替レートの変動は自社で制御することができない要因なので「外部環境」、輸出企業は円高になると得られる利益が少なくなるので影響は「悪い」、したがってこの事例は「脅威」に分類されます。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop