ITパスポート 平成25年秋期 問21

問21

携帯電話機や家電などで用いられる無線通信の標準化規格であるBluetoothの活用事例はどれか。
  • 1台の家庭用ゲーム機に,2個のコントローラを無線で接続する。
  • 力一ナビゲーションシステムで人工衛星からの信号を受信する。
  • 携帯電話機でQRコードを読み取る。
  • 自動改札機にかざされたIC乗車力一ドの情報を読み取る。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » 民生機器・産業機器

正解

解説

Bluetoothは、免許申請や使用登録の不要な2.4GHz帯の電波を用いて、数mから100m程度の距離の情報機器間で、電波を使い最大24Mbpsの無線通信を行う規格です。パソコンと周辺機器の接続、ゲーム機、ハンズフリー通話、ワイヤレスヘッドフォンなどの用途で幅広く普及してきています。
Bluetoothでは、最大で1対7の同時接続が可能な「ピコネット機能」があるため、1台の「マスター機器」に複数の「スレーブ」(周辺機器)を接続した構成が可能です。
21.gif/image-size:92×100
  • 正しい。Bluetoothの活用事例です。
  • GPS(Global Positioning System, 全地球測位網)の活用事例です。
  • 携帯電話のカメラ機能の活用例です。
  • RFID(Radio Frequency IDentification)の活用事例です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop