ITパスポート 平成25年春期 問35

問35

ソフトウェアの受入れ検収以降,一定期間内に発見された欠陥に対して,開発側が無償で修正を行ったり損害賠償責任を負ったりすることを何と呼ぶか。
  • 瑕疵(かし)担保責任
  • システム監査
  • サービスレベル契約(SLA)
  • 予防保守

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

瑕疵担保責任は、売買などの有償契約において受け渡された目的物や権利関係に瑕疵がある場合に、一定期間の間、売主が買主に対して責任を負うことをいいます。担保責任の内容には、損害賠償や契約の解除、受け渡し物の修正・回復、代金の減額などがあります。
民法上では「事の目的物に瑕疵があるときは、注文者は、請負人に対し、相当の期間を定めて、その瑕疵の修補を請求することができる」と請負人の担保責任について定められています。
  • 正しい。
  • システム監査は、情報システムの信頼性・安全性・効率性などの向上のために、客観的な立場であるシステム監査人が総合的に情報システムを評価し、助言・勧告・改善活動のフォローアップまでを行うことをいいます。
  • SLA(Service Level Agreement)は、提供者と顧客の間でサービスの品質に関して結ぶ契約です。
  • 予防保守は、故障を起こしそうな摩耗している部品を取り換えるなどのメンテナンスを行うことでシステムの障害を未然に防ぎ、MTBFを長くする保守作業をいいます。
※瑕疵(かし)…備わっているべき品質や性能が欠如していること。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop