ITパスポート 平成25年春期 問40

問40

システム開発における共通フレームの目的として,適切なものはどれか。
  • コンピュータシステムの運用・管理業務に関して体系化されたガイドラインを提供する。
  • 事業者間などで用語やその意味する内容が異なっていることを想定し,相互の理解を助けるための共通の物差しを提供する。
  • システム開発時に管理・技術の両面で組織における情報セキュリティを確保するための対策を提供する。
  • プロジェクト管理において必要な知識を体系化して提供する。

分類

マネジメント系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

共通フレームは、ソフトウェア産業界においての"共通の物差し"となることを目的として作成された規格です。取得者と供給者双方または、システム開発に関わる全ての人が、ソフトウェアを中心としたシステムの企画, 要件定義,開発,運用,保守の作業内容を共通に参照できるよう詳細に表現したり、ソフトウェア取引を明確化するための基準が記述されています。
  • システム管理基準の目的です。
  • 正しい。共通フレームの目的です。
  • 情報セキュリティ管理基準の目的です。
  • PMBOK(Project Management Body of Knowledge)の目的です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop