ITパスポート 平成25年春期 問45

問45

事業継続計画(BCP)における情報システムに関するファシリティマネジメントの施策のうち,大地震によってデータセンタが長期間停止することを想定した施策はどれか。
  • サーバを高層階に配置し,津波などの浸水からサーバを保護する。
  • データセンタ内のサーバにUPSを接続する。
  • データセンタ内の電源や回線などの各種設備を二重化する。
  • データの同期を定期的に行うバックアップセンタを遠隔地に配置する。

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » ファシリティマネジメント

正解

解説

ファシリティマネジメントは、社会の変化と新しい企業環境に対応して、経営的視点に立って建築等の施設類を有効・適切に計画・整備・運営・管理し、ダイナミックな企業活動の展開に貢献する管理手法です。
  • 高層階に配置しても停電による稼働停止を防ぐことはできません。
  • UPSは、落雷などによる突発的な停電発生したときに自家発電装置が電源を供給し始めるまでの間、サーバに電源を供給する役目をもつ機器です。停電状態においてサーバを稼働させ続ける電力を供給することはできません。
  • 機器を二重化していても電力の供給が停止した状態では稼働させることができません。
  • 正しい。自然災害によってデータセンタが壊滅的な被害を受けた場合でも、遠隔地のバックアップセンタに処理を引き継がせることで長期間の停止を免れることができます。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop