ITパスポート 平成25年春期 問60

問60

コンピュータで実行可能な形式の機械語プログラムを何と呼ぶか。
  • オブジェクトモジュール
  • ソースコード
  • テキストデータ
  • ロードモジュール

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » プログラミング・プログラム言語

正解

解説

原始プログラムであるソースコードからコンパイル、静的リンクなどを経て生成される実行可能形式ファイルをロードモジュールと言いいます。
ロードモジュールが生成・実行されるまでには以下の手順があります。
  1. プログラマがプログラム言語を用いてソースコードを記述する
  2. コンパイラを使用してコンパイラがソースプログラムを最適化し機械語プログラム(オブジェクトモジュール)に変換する
  3. リンカによって、変換されたプログラムで使うライブラリが付け加えられロードモジュールを作る。(静的リンク)
  4. コンピュータ上でロードモジュールを実行して処理を行う。
  • オブジェクトモジュールは、ソースコードをコンパイルした結果の(静的リンクが行われる前の)機械語プログラムです。
  • ソースコードは、プログラムによって記述される原始プログラムです。
  • テキストデータは、処理対象となるデータファイルで実行可能形式ではありません。
  • 正しい。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop