ITパスポート 平成25年春期 問7

問7

ある部品の生産ラインは二つの工程A,Bの順で構成されており,各工程の機械台数,部品1個の生産に要する作業時間,不良率は表のとおりである。1日の稼働時間を10時間とするとき,この生産ラインの1日の生産能力(良品が生産される数)は何個か。ここで,工程Aでの不良品は工程Bには送らないものとする。また,機械の故障時間や段取り時間,工程間の仕掛品在庫は考えないものとし,仕掛中のものは終了時間が来ても最後まで仕上げるものとする。
07.gif/image-size:439×71

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » エンジニアリングシステム

正解

解説

生産ラインはA→Bの順なので、先に工程Aでの最大生産量を計算します。10時間は600分、1個当たりの作業時間は3分なので、

 600÷3=200

時間内に200個を生産する能力があることが分かります。ただし不良率が5%なので、

 200×0.05=10

200個の製品のうち10個が不良となるので、良品の生産能力は190個とわかります。この190個が工程Bの作業に引き継がれることになります。

先程と同様に工程Bの生産能力を計算します。1個当たりの作業時間は2分なので、

 600÷2=300

時間内に300個を生産する能力があるので、工程Aから渡された190個のすべての作業を時間内に完了できることがわかります。工程Bでは190個を生産しそのうち10%が不良品となるので、良品の数は、

 190−(190×0.1)=190−19=171

171個であることになります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop