ITパスポート 平成25年春期 問73

問73

同じ容量の2台のハードディスクを使う記録方式を考える。2台をストライピングする方式と比較して,ミラーリングする方式では,記録できる情報量は何倍になるか。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

複数台のディスクを組み合わせ、1つの仮想的なディスクとして扱うことで信頼性や性能を向上される技術をRAID(レイド)といいます。
RAIDの方式の1つであるストライピングとミラーリングはそれぞれ次のような読書きを行います。
ストライピング(RAID 0)
複数のディスクに分散してデータを書き込むことで、アクセス性能を向上させる方式
ミラーリング(RAID 1)
同じデータを2台のディスクに書き込むことで、信頼性を向上させる方式
ストライピングはデータを分散して書き込みますが、ミラーリングでは同じデータを両方のディスクに書き込むので実質記憶容量は50%となります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop