ITパスポート 平成26年秋期 問13

問13

製造業において利用されているCADの説明として,適切なものはどれか。
  • 製品の生産計画に合わせて必要な資材の所要量を求め,資材の手配を行う。
  • 製品の製造に必要な部品や中間製品,所要量などの情報を管理する。
  • 製品の設計図や部品表など,設計から製造に関する情報を一元管理する。
  • 製品の設計にコンピュータを利用し,設計作業の生産性や信頼性の向上を図る。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » エンジニアリングシステム

正解

解説

CAD(Computer Aided Design)は、コンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて設計をすること、またはその設計システムのことです。
設計図がディジタルデータであるメリットを活用し、様々な設計現場で設計作業や図面管理の効率化・迅速化に寄与してます。
  • MRP(Material Requirements Planning)の説明です。
  • 生産管理システムの説明です。
  • PDM(Product Data Management)の説明です。
  • 正しい。CADの説明です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop