ITパスポート 平成26年秋期 問15

問15

最終製品の納期と製造量に基づいて,製造に必要な構成部品の在庫量の最適化を図りたい。この目的を実現するための施策として,最も適切なものはどれか。
  • CRMシステムの構築
  • MRPシステムの構築
  • POSシステムの構築
  • SFAシステムの構築

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » エンジニアリングシステム

正解

解説

MRP(Material Requirements Planning)は、日本語では資材所要量計画と呼ばれ、部品表と生産計画をもとに必要な資材の所要量を求め、これを基準に在庫、発注、納入の管理を支援するシステムです。
製品に組み込まれる部品の構成や、それぞれの部品ごとの使用量、製造リードタイム、発注リードタイムをもとに、すべての製品の需要に対応した個々の部品の必要量、製造指示日、発注指示日を決めるというように、その製品の生産に必要な部品の発注量をコンピュータで自動的に計算し、資材管理を適切に行うことを目的としています。
  • CRM(Customer Relationship Management)は、顧客に関するあらゆる情報を統合管理し、企業活動に役立てる経営手法です。
  • 正しい。
  • POS(Point Of Sale)は、販売した情報をリアルタイムで情報システムに取り込む販売店の管理方法です。主にスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの中〜大規模なチェーン店舗で導入されています。
  • SFA(Sales Force Automation)は、営業活動にモバイル技術やインターネット技術といったITを活用して、営業の質と効率を高め売上や利益の増加につなげようとする仕組みです。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop