ITパスポート 平成26年秋期 問32

問32

あるITサービスでは,システムの変更の優先度を即時,高,中,低の四段階に定めている。提案された変更のうち,即時と判断されるべき変更はどれか。ここで,変更の定期的なリリースは毎月末に実施されているものとする。
32.gif/image-size:496×237
  • 2週間後の新サービスの開始に必要な補助的な照会画面の機能改善に関わるシステムの変更
  • 企業内に多くの利用者がいる電子会議システムの障害対策に関わるシステムの変更
  • 地域の避難勧告の実施を判断する災害情報提供システムの障害対策に関わるシステムの変更
  • 翌月の処理日までにバグ対策をすればよいプログラムの改修

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスマネジメント

正解

解説

  • 変更点は、補助的な照会画面の機能改善なので深刻な影響はありませんが、2週間後の新サービスの開始に間に合わせなければならないので定期リリースまでは延期できません。したがって優先度は「中」になります。
  • 電子会議システムに障害が発生した場合、企業内の大勢に影響を与えるので、優先度は「高」になります。
  • 正しい。避難勧告システムが障害で停止してしまった場合、発信されるはずの避難勧告が出ずに人々の生命を危険にさらす可能性があるため、優先度は「即時」になります。
  • 深刻な影響がなく、期日が翌月の処理日なので月末の定期リリースで対応できます。したがって優先度は「低」になります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop