ITパスポート 平成26年秋期 問42

問42

図のように,改良及び機能追加を繰り返すことによって利用者の要求の変動に柔軟に対処したシステム開発を行う開発モデルはどれか。
42.gif/image-size:377×66
  • ウォータフォールモデル
  • 再利用モデル
  • スパイラルモデル
  • リエンジニアリングモデル

分類

マネジメント系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

スパイラルモデルは、「設計」〜「プログラミング」「テスト」という一連の開発工程を繰り返しながら開発工程の規模を拡大(機能の改良・追加)し、開発コストの増加などのリスクを最小にしつつシステム開発を行う開発モデルです。
  • ウォータフォールモデルは、開発プロジェクトを時系列に「要求定義」「外部設計(概要設計)」「内部設計(詳細設計)」「開発(プログラミング)」「テスト」「運用」などの作業工程(局面、フェーズ)に分割し、開発を上流から下流に一方向に進める開発モデルです。
  • 再利用モデルは、ソフトウェアを再利用可能な部品の組合せで構築し、部品をそれ以後の開発で再利用することで工数の削減を目指すモデルです。
  • 正しい。
  • リエンジニアリングモデルは、既存のソフトウェアを利用して新しいソフトウェアを作成するための開発モデル全般を指します。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop