ITパスポート 平成26年秋期 問43

問43

内部統制の整備と運用に関する基本方針に基づいて,内部統制を整備,運用する役割と責任を有している人又は組織として,適切なものはどれか。
  • 監査役
  • 経営者
  • 取締役会
  • 内部監査人

分類

マネジメント系 » システム監査 » 内部統制

正解

解説

内部統制とは、企業が「業務の有効性及び効率性」「財務報告の信頼性」「事業活動に関わる法令等の遵守」並びに「資産の保全」の4つの目的を達成するために、その組織の内部において適用されるルールや業務プロセスを整備し運用すること、またはその結果として確立されたシステムをいいます。
平成18年の金融取引法の成立により、J-SOX法が適用後は、経営者は財務報告に係る内部統制の有効性について評価を行ない、その結果を「内部統制報告書」として作成・開示しなければなりません。

「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準」における内部統制の定義には「内部統制の目的を達成するため、経営者は、内部統制の基本的要素が組み込まれたプロセスを整備し、そのプロセスを適切に運用していく必要がある。」と明記されているため整備・運用の責任者は経営者が適切です。

参考URL: 財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準(29ページより)
 http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kigyou/tosin/20110330/01.pdf
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop