ITパスポート 平成26年秋期 問50

問50

スマートフォンの取扱いに関する記述のうち,セキュリティの観点から不適切な行動はどれか。
  • スマートフォン内の消えてしまうと困るデータは,スマートフォンとは別の場所に暗号化して保存する。
  • スマートフォンにもウイルスは感染する可能性があるので,ウイルス対策ソフトを導入する。
  • スマートフォンの購入時が最もセキュリティが高い状態なので,OSの更新はしないで使い続ける。
  • スマートフォンを紛失した場合,遠隔からの強制ロックとデータの強制削除を行う。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策・実装技術

正解

解説

  • 適切な行動です。データのバックアップは自己責任で行う必要があります。
  • 適切な行動です。PCと同様にウイルスに感染する可能性があるため、ウイルス対策ソフトの導入が推奨されます。
  • 不適切な行動ですなので正解となります。
    スマートフォンでもPCと同様に毎日のように脆弱性が報告されています。OSアップデートは機能の追加だけでなく、セキュリティホールを塞ぎ安全性を高める目的もあるので、更新していない端末は既知のセキュリティホールを突いた攻撃対象となってしまう可能性が高くなります。
  • 適切な行動です。悪意のある第三者に拾われた場合、自身に損失が発生するだけでなく、電話帳などの内部データから他人にも迷惑をかけてしまう可能性があるためデータを消去することが適切な対応となります。
    各携帯キャリアやスマートフォンメーカでは、紛失時などにデータを遠隔から消去するサービスが用意されています。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop